星より機材

天体写真いつまで経っても暗中模索

この所、天候が安定して来たように思いますが、これから撮影の機会が増えて来ると良いですね。そこで早々にモカのパパさんと連絡を取って10月31日に嬬恋まで行って来ました。丁度夕方の5時前に現地に着いて、まだ明るい中でセットアップを開始したのですが、空はドン曇り。 結果、8時過ぎに雲が切れ始めて、撮影開始は9時過ぎてからになりました。丁度雲が切れたところにモカのパパさんも来られ、タイミングよく撮影準備をされていました。

       IC1805(ハート星雲)
ハートweb
        FSQ130ED+F3Reducer+Astrodon LRGB
        QHY16200    ℃  
        L:5min x 6 、RGB:5min x 4(2x2ビニング)

IC1805の撮影終了後にCamera Control Windowを見ると、何とCoolerがオフになっているのを見つけてしまいました。その時は諦めてしまったのですが、帰宅後、一応画像処理を進めてみたのでアップします。
温度が特定できないので、ダークなしで処理してみると、ホットピクセルがあまりにも多くて使えない状況でした。そこで、当時の外気温(+4℃前後)と同程度にカメラを冷やし(冷蔵庫の冷蔵室で)、Coolerオフでダークを作成してみました。このダークを使用した結果は、適度に合っていた様です。細かく見るとホットピクセルの分だけ黒点になって現れているのですが、何とか目立たない様にはなりました。
一方、コンポジットはSI8で行っているのですが、今回はRGB各画像がうまく重ならず(部分的にずれる)、PixInsightのStar AlignmentとImage Integrationを使って見ました。実用は初めてですが、歪んだ部分のズレを矯正して合わせ込むところは流石ですね、感心しました。

        M78
M78-3塵取web
        FSQ130ED+Astrodon LRGB
        QHY16200  -20℃  
        L:5min x 10 、RGB:5min x 4(2x2ビニング)

最近の私の撮影方法では、基本的に周辺減光が発生しない状況(比較的小さなセンサーを使用するとか、光学系を絞るなど)で撮影し、なるべくフラット画像は作成しなくて済むようにしているのですが、F3ReducerとQHY16200の組み合わせでは、センサー前の窓枠で影が出てしまうので、IC1805の方はLEDパネルでフラットを撮っています。今までの経験で、スカイフラットの方が合う様なのですが、半分諦めていた画像なので、サクッと撮ってみた結果、適度に合っていたので助かりました。

使用したソフト
撮影   :MaxImDL6.2
ガイド   :MaxImDL6.2 
画像処理:SI8(ダーク減算、フラット補正、カブリ補正)、PixInsight(コンポジット)、PScc(画像強調他)


これから先も天候が安定すると良いのですが、如何なりますか・・・

4月、8月、10月と半年の間に行った遠征がたったの三回。昨年、今年と天候には悩まされてしまいますね。と言う事で撮影方法も忘れてしまいそうなこの頃ですが、10月4日に朝霧高原でやっと撮影できましたのでアップします。
久しぶりと言う事でトラブルが多く、撮影開始まで時間が掛かる事・・・
QHY16200にオフアキを付けた状態でスケアリング調整してありましたので、その状態で持っていったのですが、FSQ130EDにF3Reducer装着するとピントが出ないことが現地で判明し、悩んだ末、直焦点に変更する方向で作業に・・・
更に機材制御用のノートPCがWindows7でしたので、Windows10が実装されたPCに更新して初めての撮影でしたので、事前にチェックはしたものの、β-SGRソフトと撮影ソフト(MaxImDL)との間で画像が転送されず、手動でピント合わせを行うことになりました。(後日、β-SGRソフトの設定の誤りが見つかりました)
焦点距離が変わってしまいましたので、計画を変更して先ずはM33を狙いました。

        M33
M33-3web
        FSQ130ED+Astrodon LRGB
        QHY16200 -20℃  
        L:5min x 8 、RGB:5min x 4(2x2ビニング)

ハロの部分も表現できるように調整してみましたが如何でしょうか。 L画像は10枚以上撮影していたのですが、久しぶりの撮影日和のせいか朝霧アリーナの駐車場も車両の出入りが多く、数枚被ってしまったのでこんなところです。
続いてNGC1333ですが、vdB16にかけての暗黒星雲を撮ろうと思っていたのですが、入らなくなったので、NGC1333中心で撮ってみました。

        NGC1333

NGC1333web

        FSQ130ED+Astrodon LRGB
        QHY16200 -20℃  
        L:5min x 7 、RGB:5min x 3(2x2ビニング)

M33と同様にカブリ画像が発生してしまい、少ない枚数ですがDfine2の輝度ノイズ処理を使って、何とか見えられるかな・・・と言った所です。また、焦点距離変更で画角的に中途半端な感じになてしまいました。

使用したソフト
撮影   :MaxImDL6.2
ガイド   :PHD2 
画像処理:SI8(ダーク減算、コンポジット)、FAP(復元)、PScc(画像強調他)

もう一枚、冷却6D+AposonnarでM45~NGC1499にかけて撮影していたのですが、思いっきり被ってしまい「没」となってしまいました。フードを付けなかったのが敗因の様に思います。

話は別ですが、今回の台風19号の前後に自宅の補強とか修理を行った為に、アップが遅れてしまいました。最近の気候変動が日に日に大きくなって来る様に思いますが、これから先が気になりますね。

再処理した画像アップすることは殆ど無かったのですが、流石にこの天候ではブログがなかなか更新できないので、また、マルさんのブログに刺激を受けて、再処理をしてみました。 今回は、以前にマルさんのブログで紹介されていた星消しソフト「StarNet++」を使用して、星を肥大させること無く暗い部分を炙り出す手法をトレースさせて頂きました。

元画像はこちらです。時期的にはちょっと早いですが、Sh2-240の先取りです。
Sh2-240web
・FSQ130ED+F3Reducer+LPS-D1 EOD6D冷却  ISO1600 5min x 16
・FSQ130ED+F3Reducer+Pro SoftonA(W) EOD6D冷却  ISO1600 1min x 14

2016年に撮影したもので、通常撮影した画像にソフトフィルターで短時間撮影した画像を比較明で合成することで星の色を強調しています。(意図的にハロを出していると言った感じ) この画像を「StarNet++」で処理した画像がこちらです。
Sh2-240印刷_starlessweb
オリジナル画像サイズ5159 x 3648をstride:32で約32分の処理でした。元々黒レベルが低かったので少し上げて、トーンカーブで強調させた画像を元画像に比較明合成してみました。
Sh2-240印刷_starlessTCDf3web
因みに「StarNet++」はFlatAide Pro経由で、強調と比較明合成はPhotoshopで処理しています。元画像の処理が不十分だったところが大きい様にも思いますが、隠れていた分子雲が見えて来たのにはちょっと驚きでした。

このページのトップヘ