星より機材

天体写真いつまで経っても暗中模索

10月18日、たまたま片品に行く用事が出来たので、うまく晴れれば撮れるかも知れないと期待して、機材を積み込んで早朝に出発しました。用事を終わらせてGPVで調べると良さそうでしたので、撮影地を探しに・・・

片品では2006年頃からサエラリゾートの駐車場で数多く撮影していたのですが、数年前にリゾートが閉鎖されて、そこに太陽光発電施設が出来た関係で、2017が最後の撮影なってしまいました。今回、その後の状況?を見て来たのですが、上下の駐車場だけでなくゲレンデまでパネルが敷き詰められた大規模発電施設になっていました。
と言う事で、数回使ったことがあるのですが、サエラの南に位置する畑の農道で撮影することにしました。一応、近くの農家の方に撮影する旨伝えてから設置を開始しました。

9月の新月期の天候が悪かったので、2か月ぶりですね。早々に機材を組み上げて設定を開始したところ、ガイドが動かない状況が発覚。ステラナビから赤道儀は動かせるのに、ガイドのキャリブレーションでは何も動かないのです。ガイドカメラの画像はPC上で見えてはいるのですが・・・ 丁度その時、ハルのパパさんとメールをしていたので相談してみたところ、カメラのコントロール部の故障ではないかと言う事で、サブのガイドカメラに交換したところ 動作出来ました。  ビンゴ!!!
予備の機材は重要ですね。

今まで、ASI183MMProは小型センサーと言う事で、小天体を撮影するときに、Extenderと組み合わせて使っていたのですが、カメラ本来の性能を確かめると言う事で、今回はFSQ130EDに直焦点で使用してみました。特に短時間露光も加えて、星像が小さく表現できれば・・・と思っています。

      M33
M33Web
      FSQ130ED+Astrodon LRGB Filter
      ASI183MMPro Gain:270 Ofset:10 -20℃
      L:5min x 10 + 20sec x 12
      RGB:各5min x 3(1x1ビニング)
      Mount:CRUX200HDA
      Guide:GT40+QHY5Ⅲ174M+PHD2
      Software:SI8、PSCC2020

今回の撮影はこれ一枚になってしまいました。ガイドのトラブルでスタートが遅れたこともあるのですが、午前1時過ぎに農家の方々が来て、何と大根の朝取りが始まってしまいました。当然サーチライトを付けての収穫ですので、こちらとしては撮影どころではなく、早々に退散することに・・・
撮影場所はそこの環境を十分考慮しないといけないですね。



忙しかったり、新型コロナで外出規制になったり、天候不順だったりしてなかなか撮影に行くことが出来ず、とうとう半年が過ぎてしまいました。半年も過ぎてしまうと機材準備(メンテナンス含め)とか撮影方法とか何かと忘れていそうで、心配しながらも8月21日に撮影に行って来ました。
場所はちょっと気合を入れて4時間かけて細野高原(天城高原の更に南)としました。伊豆なので風が心配でしたが、結果的にはほぼ問題ない状況でした。
流石に交通の便があまり良くないので、本格的に撮影に来られた方は私以外にはいませんでした。

先ずは今更ですが、ネオワイズ彗星。タイミングを逃してしまったので仕方が無いのですが・・・何とか彗星の姿をとらえることが出来ましたのでアップしました。
ネオワイズ彗星web
        FSQ130ED直焦点 Clear Filter
        EOSRa  ISO3200
        120sec x 15

続いて天の川ですが、周囲に大きな光源が無いのせいか、はっきりと天の川が見えていました。これだけはっきり見えるのは久しぶりで、ちょっと感動ものでした。
天の川Web
        Sigma 15mm f2.8 EXDG Diagonal Fisheye
        EOSRa  ISO3200
        60sec x 18

問題はこの撮影後で、TVのニュースでも報道されていましたが、火球が発生したのです。天の川撮影中だったら間違い無く写っていたのですが、残念ながら次の撮影の準備中でした。周辺がワット明るくなったので近くで花火を上げたのかと思った程でした。

        まゆ星雲
まゆ星雲web
        FSQ130ED+EFExtender2x Clear Filter
        EOSRa  ISO3200
        120sec x 15
        トリミング

今回はRaの撮影3回目になりますが、前回は冬だったのでダークが綺麗だったのですが、流石にこの時は25℃前後でしたので、非冷却ではノイズが多く、ダーク減算が必須でした。冬の撮影に比べて全体的にノイズが多くなってしまった様です。

        M27
M27Clear2web
        FSQ130ED+EFExtender2x Clear Filter
        EOSRa  ISO3200
        180sec x 12

今回、EOSRaのマウントアダプタ用のIDAS製NB2-PM(Hα、OⅢ透過)を用意したので併せてテストしてみました。一回の撮影でAOOが作れることになるのですが・・・(PSでBチャンネルをGチャンネルにコピーしています)

        M27(AOO)
M27AOOweb
        FSQ130ED+EFExtender2x NB2-PM Filter
        EOSRa  ISO3200
        300sec x 9

流石に恒星がすっきりしていますが、若干露出不足だったように思います。ま、テストと言う事で、検討を進めていきたいと思います。このフィルターはNB3-PM(OⅢ、SⅡ)があるのでSAOも撮れることになるので、今後挑戦していければと思っています。

雲もなく、思った程の風もなく、シーイングも良く、夜露もなかったので、一応、無事に撮影出来たのでした。実は乾燥空気のポンプを忘れて来たのですが・・・

ソフトウェア:Canon DPP、SI 8、PS

2月23日にこの新月期2回目の遠征として朝霧高原に行ってきました。 この時期、長焦点で銀河を狙う機会が多い訳ですが、日本だとジェット気流とか季節風などによるシーイングの悪化で解像度が上がらない状況が多いですね。そこで星ナビにも紹介されていたラッキーイメージングを試してみようと思ったのですが・・・ 初めての撮影なので要領が掴めず、手探り状態でした。

カメラはUSB3.0に対応しているASI183MMProを使用し、前回撮影したM82を同じ光学系(FSQ130ED+EFExtender2xⅢ)で撮影することにします。先ずはL画像を3秒露光で1000枚撮影する設定にして、短時間撮影なのでGain270/Offset10でスタートしました。

1000枚の中から良好な画像を如何に選ぶかがポイントになると思いますが、先ずは星ナビの宇都さんの記事を参考にステライメージの評価値で処理を進めてみました。ところが・・・
       評価値上位170枚をコンポジット(トリミング)
170H加算TC
       評価値下位170枚をコンポジット(トリミング)
L170L加算TC
結果的に殆ど差が出ませんでした。と言うか下位の方が良く見える部分もあるくらいです。そこで各画像を見比べていくと、画像の歪みが3次元(X、Y、Z方向)で発生している様なので、判定の方法は相当手ごわそうです。分かりやすい様に60枚の画像をコマ送りの動画にしてみました。

https://youtu.be/UQaUQ1ALhXo

M82のすぐ下の恒星基準でコンポジットしてありますが、恒星自体の解像度の変化だけでなく恒星間の距離とか画像の倍率など変化していて、「これほど動くの?」と思う程で、これらの画像を加算して良く作品が出来ると思ってしまいます。

勇んでラッキーイメージングに挑戦してみましたが、ハードルは高そうです。

ところで通常の撮影も併せて行いましたのでアップします。
       M101
LRGBTC
       FSQ130ED+ExtenderEF2XⅢ
       ASI183MM Gain:270 Offset:10 -20℃
       L:5min x 15 RGB:各5min x 5

先のM82の撮影中に、徐々にシーイングが悪化して来ていた後の撮影なので、締まりのない画像になってしまいました。 AOと言った手段もありますが、兎に角、もう一度考え直してみた方が良さそうです。




このページのトップヘ